aga 抜け毛特徴

MENU

agaによる抜け毛特徴

aga(男性型脱毛症)とは生え際や頭頂部などが薄くなる男性特有の病気で、これは栄養状態や生活習慣に関係なく主に成人男性に発症するものと言われています。最近はCM等でも取り上げられているために徐々に認知度は上がって、専門に取り扱う医療機関等も増えてきましたが、一般的な薄毛と一体どのような違いが見られるのかはなかなか素人では判断しにくいのが現実です。
そこでここではagaによる抜け毛特徴がどのようなものか紹介します。

 

まず発症した方の場合、特徴の1つに頭頂部が脱毛することが挙げられます。自分ではなかなか確認しづらい部分ではありますが、まくらに付く抜け毛の量が増えたという場合は要注意です。
特徴の2つ目が生え際がM字型に脱毛するということです。頭頂部の薄毛とちがってわかりやすい場所であるため、少しでも違和感を感じたら早めに対策する必要があります。
3つ目の特徴が前頭部から頭頂部にかけて広く脱毛するというものです。もっとも早く脱毛が進行するケースなので早めの対策が必要です。

 

以上のように、agaによる脱毛の症状は頭頂部と前頭部の抜け毛が著しいという特徴があります。さらにこうした実際に脱毛の症状はないという場合であっても、毛髪が細くなり、コシがなくなってきた場合や、頭皮が脂っぽく毛髪がベタッとしている場合でもすでに病気が進行してしまっている恐れがあります。
この病気は年齢にかかわらず20代、30代の若い男性でも発症することがあるので、まだ若いから大丈夫などと思い込むことはせずに、抜け毛が増えたということはもちろんのこと、髪が細くなりヘアセットがうまくいかなくなってきたなど少しでも自分の毛髪に変化を感じたら早期に対策をとることが重要となります。