MENU

agaの発症まで男性ホルモンと5aリダクターゼの説明

近年、メディアで取り上げられているagaですが、「男性型脱毛症」といい思春期以降の成人男性に多く見られ、体の状態や年齢に関わりなく抜け毛が進行する男性特有の症状のことをいいます。脱毛症には2種類あり「M字型」と「O字型」があります。M字型は生え際から頭頂部にかけて薄くなっていくことで、O字型は頭頂部全体に薄くなることです。

 

基本的に母方の遺伝子にX染色体がありその染色体が脱毛症を発症させる原因とされています。遺伝的な要素からなるので母方の先祖を辿っていくと同じ頭をした先祖に出会うことが出来ます。

 

もし薄毛の原因でagaが原因だった場合、一般的に販売されている育毛剤やシャンプーだけでは改善が難しく、専門的な治療薬や毛根への複合的なアプローチが必要になってきます。男性の薄毛と脱毛症には密接な関係があり、男性ホルモン(テストステロン)が薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまうことで発症します。男性ホルモンの量によっては薄毛が進行するのではなく、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されてしまう事が原因なのです。また毛根近くに皮脂腺があり、そこから分泌される酵素の一つである、5aリダクターゼという成分に男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換してしまう作用があります。結果として5aリダクターゼと男性ホルモンが関係することで脱毛は進行します。脱毛症の最大の恐怖は健康な髪まで抜け落ちてしまうことです。5aリダクターゼによって男性ホルモンが強烈な脱毛ホルモン(DHT)となって髪の成長を阻害し、脱毛症を発症させてしまうので、髪への栄養が行き届かず、頭皮の毛細血管への血流が滞りagaとなるのです。