MENU

新しいaga治療の成分としてのデュタステリドとは

これまで、aga(男性型脱毛症)治療の代表的な薬と言えば、「プロペシア」が有名でしたが、ここ最近では「アボルブジェネリックカプセル」という薬が登場し、薄毛に悩む世の男性たちから注目を集めています。この「アボルブジェネリックカプセル」の主成分は「デュタステリド」というもので、これは元々は前立腺肥大症の治療に用いられているものでした。しかし、患者の中で脱毛抑制効果が確認されたため、2009年には海外でaga(男性型脱毛症)治療薬として正式に認可されました。そもそも脱毛という現象は、還元酵素と睾丸で作られる男性ホルモンが結合して、さらに強力な男性ホルモンが生まれ、それが毛髪の寿命を縮めているのです。還元酵素は2種類あり、従来の「プロペシア」はこのうちの1種類の還元酵素の働きしか阻害することが出来なかったのですが、「アボルブジェネリックカプセル」に含まれる「デュタステリド」は、2種類の還元酵素の働きを阻害することが出来るので、より効果が高い治療薬であると期待されているのです。

 

 

実際に、「デュタステリド」には従来の治療薬に含まれる2倍の効果があると認められています。aga(男性型脱毛症)に悩む男性たちにとっては、まさに夢のような薬であり、喉から手が出るほど欲しいものでしょうが、この薬は現在の日本ではほとんど入手することは不可能です。ですが、どうしても欲しい場合には通販サイトを通じて個人輸入するという手段があります。ただし、この薬は作用が大きい分、副作用が出る可能性も考えておかなければなりません。実際に利用した人の約11%に副作用が認められています。具体的には、多毛をはじめ、勃起不全・リビドー減退・乳房障害(乳房の女性化・乳頭痛・乳房痛・乳房不快感)などが挙げられます。