MENU

デュタスによるaga治療

aga治療に使用される薬剤はいろいろな種類のものがあります。デュタスも治療薬の一つで、世界各国で使用されています。日本では市販薬としては販売されていませんが、海外では市販薬として販売されており、ドラッグストアなどで手軽に購入できます。日本ではデュタスは処方箋医薬品になっていますので、原則としてクリニックに通院しないと入手することができません。この薬の特徴として、男性型脱毛症に効果があり、ジェネリック医薬品ですので値段が安いことが大きなメリットです。プロペシアと同等の効果がありますので、ジェネリック医薬品であっても高い発毛効果が得られます。デュタスの主な含有成分はフィナステリドです。

 

フィナステリドは男性型脱毛症の原因になる酵素の生成を抑制する作用があり、aga治療薬に広く使用されています。医薬品であるため副作用の発症は免れませんが、副作用の発症率は5パーセント未満ですので、ほとんどの場合で副作用の心配はありません。主な副作用としては、勃起力の低下や性欲の減退などがあります。これらの副作用が起きる原因は、薄毛の原因になっている男性ホルモンの分泌を抑制する効果があるためです。もしも重い副作用が発症した時には、医師に相談することが必要です。発毛効果は薬を服用してから半年から1年程度で発現します。服用を開始してから1ヶ月程度の期間は、毛髪が大量に抜けてしまうケースがあります。これは初期脱毛と呼ばれる症状で、古い毛が抜けて新しい毛が再生することによって起こります。aga治療の過程では必ず初期脱毛がありますので、大量に毛が抜け落ちたからといって、何ら心配することはありません。初期脱毛の期間を過ぎると新しい毛の再生が進み、薄毛の状態を改善します。