MENU

京都のAGAケアと失敗しない選び方

メディアで紹介されているAGAは薄毛や抜け毛がある時期になると増えていくような状況も出ており、若い人にも関連していく症状として話題性が強まっています。京都の専門クリニックでは、AGA(男性型脱毛症)における説明をわかりやすく説明していく方向性を取っていて、初めて来客する人にもこういった取り組みがは効果的な面が出ているのです。その中には失敗しない選び方といった項目も含まれており、本人に合うプランがどういうものかを提示して具体的な治療へと入っていくような方針を打ち出しています。また抜け毛の多い部分によって脱毛症のタイプもわかっていくので、そういった知識を踏まえながらAGAをしっかり克服していくようにすることが大事です。主な原因としては加齢や過度なストレスおよび食生活の乱れなど基本的な生活習慣が関わっていくことになるため、そのあたりからまずは徹底的に見直すようにしていくことが重要なのです。さらにAGAはできるだけ早めの治療を心掛けていくことで、回復の兆しも少しずつ出ていくようになるというケースもあるわけです。先述した内容を踏まえ、正しい知識を持ち合わせていくことにより、AGAにおける自分だけの対処法を見つけていくことができるようになるのです。攻めのかっこいい男を目指していくためにも、失敗しない選び方を見つけて京都のクリニックで治療をしていくことが大事です。ちなみに京都の失敗しない選び方のケースは、インターネットでも公開されています。 

AGA治療にかかる費用の比較

AGA治療には医療保険が適用されません。そのため費用が、高くなりやすいという傾向があります。
AGA治療には基本的に、病院の皮膚科で診察してもらう方法と、AGA専門の病院で診察してもらう方法の2種類の方法があります。
皮膚科では基本的には診察と内用薬の処方のみが行われます。平均的な費用としては、1ヶ月あたり、1万円?1万5千円が多く見られます。
一方AGA専門の病院では、まず、カウンセリングが行われることがほとんどです。これは、通常の診察とは違い、患者の生活習慣など、診察より詳しく聞くことが多く、それらを踏まえた上で、内用薬や外用薬の処方、場合によっては、ビタミン剤などの処方も行われることがあります。さらに抜け毛を減らす頭の洗い方などの説明を行う治療院もあります。そのため、通常の皮膚科よりも費用は高くなっており、平均的な費用は1ヶ月あたり3万円ですが、それ以上の病院も見られます。
以上のような点から、金銭的要因で治療する病院を選択される方も多いようです。

手遅れにならない為にもaga専門の病院へ

agaの男性脱毛症で手遅れになってしまう原因は、毛母細胞が無くなってしまった時になります。手遅れにならない為にも早目に専門の医師へ相談されることをお勧めします。
ところで毛母細胞がなくなる原因はなぜかといいますと、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが体中を巡って、頭皮にある酵素と結合しジヒドロテストステロンが発生して、このジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を防止する命令を毛母細胞に送る為に脱毛になって行きます。

 

脱毛症になったとしても、全ての毛母細胞が死んでしまわない限り、生えて来る可能性も残っています。自分で育毛剤を使用しても生えてこないからと諦めないで、毛母細胞は人間の肉眼では目に見えませんので、aga専門の医師へ行かれて自分の髪はどの様な状態かを確認されて下さい。

 

そして良くこの男性脱毛症で皮膚科に行かれる方がいらっしゃいますが、プロペシアの処方だけで終わる場合もありますので注意して下さい。
また、育毛サロン等ではシャンプーや頭皮のマッサージをする改善を試みてくれますが、改善は期待できませんので、かえってその行かれた時間で手遅れになってしまう事もあります。
男性脱毛症に悩まされている方は、早く効果を上げたいと思われている方が多くいますが、人それぞれに原因や髪の毛の生えて来る程度は変わりますので、長期の時間が必要になります。会社でのストレスや家での睡眠を充分に取り、髪にとっても自分の体にとっても良い環境を作り、男性脱毛症にならない体を作って頭皮マッサージや育毛用シャンプーを使用して、薄毛予防に努めることが効果的です。
agaになった方は、若いのに髪の毛が生えないからといっそ頭を丸めてしまえと思わないで下さい。専門の医師であれば必ずなんらかの結果を出してくれます。

aga対策には低出力レーザーが効果的です

まずは、あまり聞きなれないagaについて調べてみました。agaとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。これは、成人男性によくある薄毛の意味です。思春期以降に額からか、生え際からか、またその両方から薄くなっていきます。一般的には、遺伝や男性ホルモンの影響です。薄毛治療には様々な方法があり、薄毛に効果のあるフィナステリドという薬があります。発毛効果も認められており、1日一回錠剤を飲むだけという手軽さから、世界中で使われています。ですが、この薬には様々な副作用があります。性欲減退や、勃起機能の低下、うつや、肝機能障害、精子減少などです。こうしてみてみると、簡単にはいい薬だとは言えないものです。

 

そこで今注目されているのが、低出力レーザーでの治療です。低出力レーザー治療とは、手のひらサイズの機器にレーザーがついており、これを頭皮にあてることにより、ATP(血液中のタンパク質が髪になるために必要な成分)の増加、血管の拡張を促進するものです。アメリカのFDAにも認可されており、信憑性の高いものです。こちらのメリットは、小型なので自宅や旅行先でできることで、レーザーも週3回で、一回10分でできます。それから価格も安く、3万から5万で手に入れることができ、半永久的に使用することができます。手術するよりもとても安く、サプリメントなどの消耗品を長く使うよりも経済的です。そして、植毛のような傷もできません。デメリットといえば、確実に育毛効果があるかは少し心配な面もありますが、発毛臨床結果が90パーセントを越えるものもあるので、レーザー機器を購入する際は慎重に選ぶ必要があります。

更新履歴